メイン | 2007年08月 »

活字中毒

2007年07月31日

CIMG0060 a.JPG

そんなに趣味は多くない店主ですが読書は大好き。

というより活字中毒と言った方が正しいかも、というくらい本や新聞が

手放せません。

食事中はおろか入浴中も読み物を手放しません。

そんな店主が最近ハマっているのが上記の小説。

桐野夏生著の「メタボラ」です。

知っている人もいるかとは思うけれど昨年朝日新聞の朝刊に連載され

ていた小説です。

沖縄を舞台に、記憶をなくした青年と沖縄移住者たちの関わり、現代の

沖縄の若者文化、失った自分探しの旅がユーモラスにかつシリアスに

書かれた秀作です。

店主も5年間沖縄移住生活をしたので、懐かしさを感じながら毎日寝る

前の楽しみにしています。

明日は休みなので今夜は徹夜で読書しようかな・・・

 

 

選挙

2007年07月30日

今日は参議院議員の選挙日。

店主も仕込みの合間をぬって投票に行ってきました。

今(午前1時過ぎ)、開票速報をやっていますが自民党惨敗とのこと。

国民の怒りが爆発したということでしょうか?

自民・民主両党以外に小政党ですが結構まともなこと言ってるな、って

店主が思う政党があってそこに投票しました。

実際に政策を実行できる力があるかどうかは未知数ですが、小さくても

間違ったことは間違ったと言えるような存在感を示してほしいなと思いま

す。

なんこつ屋も小さくてもキラリと光る、そして自分の信念を貫き通す、そん

なお店であり続けたいな、と思う店主でした。

 

念のため

2007年07月29日

CIMG0028 a.JPG

なんこつ屋のお客様ならほとんどの方がご存知かとは思いますが

なんこつ屋はここ矢那だけではありません。

先代(店主の父)が清見台の小松ストアで焼き鳥を焼いています。

自慢のなんこつもこの先代が今から遡ること40年前に考え出した

ものです。

矢那のなんこつ屋同様、清見台店もよろしく!

 

 

愛犬

2007年07月28日

CIMG0051 a.JPG

店主の実家で飼っているラブラドールのラブ(♀・8歳)です。

暑がりでこの時期はクーラーの下が指定席。

人を見ると吠えてばかりいるおバカな犬ですが、めざましテレビの

「今日のわんこ」にも出演したことがあるんですよ。

矢那界隈を毎日散歩しているので見かけた方は声かけてみてくだ

さい。

でも吠えられても店主は責任取りませんのであしからず・・・

 

おいしさの秘密 - 店主のこだわり その④

2007年07月27日

画像 178 a.JPG

なんこつ屋では日によって鶏のお刺身を本日のおすすめとしてお出しする

ことがあります。

通常、お通しで召し上がっていただくささみはもちろんお刺身用ですが、特に

新鮮なささみが入荷した場合は写真のように鳥刺でお出しできます。

とにかく鶏肉は鮮度が命。

絞めてから12時間が鶏肉が一番おいしい状態といわれています。

なんこつ屋では朝絞め鶏を夕方以降お客様に提供していますのでお客様は

鶏肉を一番おいしい状態で召し上がっていただいてることになります。

ちなみに写真の左側のお刺身は砂肝の刺身です。

適度な歯ごたえがあり、焼いたものとは違った食感が味わえますよ。

まだ召し上がったことのない方、是非一度お試しあれ!

なんこつ屋の鶏肉の秘密についてはまた後日ゆっくりと・・・

 

夏休み

2007年07月26日

お客様に「夏休みはどうするの?」と聞かれますが、なんこつ屋は通常

通り営業いたします。

火曜・祝日定休でカレンダー通りです。

その代わり、9月末か10月頭にお休みをいただく予定です。

詳しくはこのHPならびに店内にて告知しますのでよろしく。

それにしても毎日暑いですね・・・

 

インターナショナル?

2007年07月25日

CIMG0055 a.JPG

昨日の珍客(?)。

常連のマルシェさんが連れていらしたのはフランスからの女性のお客様です。

19歳でフランスの大学で日本語を勉強中のこと。

二ヶ月の夏休みを使って日本に滞在しているそうです。

日本語もお上手でこの美貌。

なんこつ屋も国際的なやきとり屋になりつつあります Cool

フランスに帰ったらなんこつ屋のHPのぞいてみてね。

 

 

おめでとう!

2007年07月24日

CIMG0054 a.JPG

なんこつ屋の常連の柴崎さん夫妻の長女、さやかちゃんの9歳の誕生日。

他の常連のお客様も一緒に♪ハッピーバースデイ・トゥーユー♪

小さなケーキでささやかなお祝いをさせてもらいました。

でもこのさやかちゃん、両親に負けず劣らずのやきとり好きで、おいしくない

やきとりは食べないんだそう。

なんこつ屋のやきとりは合格?

 

 

 

 

パラダイス?

2007年07月23日

Flower1-010 a.JPG

なんこつ屋は飲食店にしては女性の比率が高いとよくお客様に言われますが(大体

5対5位です)今日は凄かった。

開店と同時に予約をくださった近所の若奥様方が7名で来店すると今度はカウンターに

5名の熟女の方々が。

さながらお花畑のようでした。

店主はふと映画の「ひまわり」にでてくるシーンを思い浮かべてしまいました。

結局、男性のお客様はなんこつ屋出席率ナンバーワンのSさんただ一人。

Sさんもなんか居心地がいつもと違うといった表情。

店主もいつになく緊張してやきとりを焼く手が震えていました。(それはウソ)

これからも女性にも愛される店作りに励みます Smile

 

 

アマガエル

2007年07月22日

CIMG0049 a.JPG

今日はあいにくの雨。

店主が表に出るとなんこつ屋の看板にかわいいアマガエルが。

一生懸命張り付いているのがおかしくて写真に撮っちゃいました。

以前も書いたけれど女将は死ぬほどカエルが嫌い。

この写真見たら気絶するかも・・・

 

ご予約のススメ

2007年07月21日

画像 176 a.JPG

ご存知の通りなんこつ屋は小さな店です。

満席でも16~7席しかご用意できません。

したがって一度に大勢のお客様にくつろいでいただくことは物理的にできません。

そこで安心なのが電話で結構なのでお客様に予約をしていただくということです。

電話で予約状況を確認していただければ無駄足も省けますし、ゆっくりくつろい

でいただけると思います。

今日も4組10名のお客様に泣く泣くお帰りいただきました。

せっかくおいでいただいたのにご入店いただけないのは、店主、女将とも心苦しくて

仕方ありません。

「なんこつ屋、と思い立ったら、まず電話」

と思い出していただけると幸いです。

またご予約の際に、「子供連れなので小上がりがいい」とか「カウンターで」などご希望

をおっしゃっていただければなるべく沿うように努力いたします。

以上、店主のわがままですが気持ちわかっていただければ嬉しいです。

 

 

 

おいしさの秘密 - 店主のこだわり その③

2007年07月20日

画像 079 a.JPG

なんこつ屋でかけるBGMはすべてサザンオールスターズの曲。

明けても暮れてもサザン。

それはなぜか?

理由はひとつ。

店主がサザンを好きだから。

「サザンなやきとり店」を目指す店主としてはBGMはサザン以外に考えられま

せん。

嫌いな人も中にはいるのかもしれないけれどほとんどのお客様に好評です。

お客様の中にもサザン好きな人が結構いて一緒にサザンの話で盛り上がって

ます。ちなみに店主の最近のお気に入りは(結構古い曲だけど)

「BLUE HEAVEN」「素敵な夢を叶えましょう」「慕情」

といったところです。

店が忙しくない時にはリクエストにも応じますので気軽に声かけてくださいね。

 

中華料理屋?

2007年07月19日

画像 082 a.JPG

今日のなんこつ屋は、さながら中華料理店。

なんと6杯のラーメンと5人前のチャーハンを作りました。

やきとりを焼きながら作らなくてはいけないので厨房はてんやわんや Surprised

でもお客様が

「このチャーハンおいいしい!」

と、言ってくださったり、

「ここのラーメンはラーメン屋よりおいいしいよ!」

と、お世辞でも褒めてくださるのでがんばって作りました。

でもあまりにも忙しくなるので、「店主のきまぐれチャーハン」、そろそろ裏メニュー

にしようかなと思う今日この頃。

 

連休二日目

2007年07月18日

CIMG0048 a.JPG

今日は食料をたっぷり買い込んで一日中部屋でゴロゴロ。

インターネットの麻雀で遊んでました。

これは「MARU雀」というサイトなんだけれど誰か知ってるかな?

女将もたまに遊んでます。

ニックネームの「大介@東京」は店主のことです。

あ~休みって早いな・・

また明日から一週間がんばります!

 

 

連休初日

2007年07月17日

CIMG0045 a.JPG

久々の連休ということでゆっくり家で寝坊したあと、車を飛ばして浅草まで

行ってきました。

上の写真は浅草に行くといつも必ず寄るお好み焼き屋さんのご主人と奥様

です。

おいしいもんじゃとお好み焼きを味わって満足、満足。

皆さんも浅草に行った際には是非寄ってみて下さい。

浅草すし屋通りにある「穂里」というお店です。

お好み焼きだけでは飽き足らず、車を飛ばして横浜でラーメンを食べて帰り

ました。

この連休で太りそう・・。

 

お友達サイト

2007年07月16日

うちの常連のお客様、石井さんが監督を務めるサッカーチーム、

FC algaのホームページです。

http://soccer2003alga.hp.infoseek.co.jp/index.htm

是非一度、覗いてみてください。

 

バス旅行

2007年07月15日

なんこつ屋出席率ナンバーワンのSさんが昨日、日帰りのバス旅行に

行ってこられたのこと。

いわゆる「ミステリーツアー」というやつで行く先は当日にしかわからない。

ドキドキしながらバスに乗り込むと、行く先は山梨の桃狩り。

昼食はそばの食べ放題と高原野菜の食べ放題、小鉢が付き、桃は食べ放題。

お土産に有頭エビに桜鯛、たらば蟹がついて旅行代金はなんと6千円!

あまりの安さにびっくりしました。

店主はバス旅行をしたことはありませんがこんなに安いなら今度の休みに

行ってみようかな、と女将と真剣に話し合ってしまいました。

 

追伸: 大雨の中、今日もたくさんのお客様にご来店いただきました。

    この場を借りて厚く御礼申し上げます(ペコリ)。

昆虫天国

2007年07月14日

CIMG0029 a.JPG

なんこつ屋のある矢那は緑豊かな田園地帯。

したがって街中では見られない得体の知れない虫がうじょうじょ。

東京育ちの店主と女将は大の虫嫌い(女将は蛙が死ぬほど嫌い)。

てなわけで上の写真の豚クンの登場とあいなりました。

店内には電撃殺虫器も。

早く虫が来ない、涼しい季節がこないかと首を長くして待っている店主と女将。

 

おいしさの秘密 - 店主のこだわり その②

2007年07月13日

画像 061 a.JPG

なんこつ屋で使用している炭は紀州備長炭。

そのなかでも最高といわれる馬目樫の炭です。

日本の三大備長炭(紀州・土佐・日向)のうちのひとつである紀州備長炭は

キング・オブ・備長炭といわれるほど有名かつ高価なものです。

なにせ火力が違います。

最高1000℃にもなる火力はやきとりをふっくらと、かつみずみずしく焼き上

げてくれます。

また輸入ものでは出せない香ばしい、かつ上品な炭の香りのやきとりに仕上

げてくれます。

店主もこの炭を使用してからというもの、ほかの炭は使えなくなりました。

東京辺りのやきとり店でも高級といわれるところでしか使用されていないよう

です。

紀州備長炭は、常に一流を目指す「なんこつ屋」を支えてくれる大切なスタッフ

の一員だと店主は考えています。

 

新メニュー?

2007年07月12日

CIMG0023 a.JPG

大雨の中、団体でお見えになったI さんたちに何かサービス品をと思い

考えついたのは「焼きしめさば」。

生でおいしいものは炭火で炙ってもおいしいはず、というのが店主の信念。

早速、しめさばを軽く炙ってお出ししたところ、

「う、うんめー!」

の声が。

サービスでお出ししたので無理しておいしいと言ってくださったのかも・・。

お出ししといてこんなこと言うのは ひどい話だけれど店主は味見してい

ません(^^;)。

誰か次なるチャレンジャー求む!

評判良かったら裏メニューにしよっと。

大雨?

2007年07月11日

今日は一週間振りの休日。

一日中家でごろごろ。

明日も朝から仕込みなのでそろそろ寝ないと。

と、思っていたら外は大雨。

雷も鳴ってるよう。

早くスッカとした快晴の日がこないものですかね。

 

 

新メニュー

2007年07月10日

CIMG0041.JPG

季節限定の新メニュー。

「夏野菜の炭火焼サラダ仕立て」です。

日によってなかの野菜は変わります。

オリーブオイルとレモン、粟国の塩のドレッシングでさっぱり

どうぞ。

 

 

 

競馬

2007年07月09日

昔は「飲む・打つ・買う」と無頼三昧の店主でしたが、最近は

おとなしいものでバクチというものはほとんどしません。

が、唯一やるのが「競馬」

といっても一日何万円も使うのではなく一レースたった1,200

円だけの店主名付けたところの「誕生日馬券」。

店主と女将の誕生日の数字をGレースに限って買うだけ。

具体的には二人の誕生日の数字(3・6・10・11)の組み合わ

せを一日1~2レースあるグレードレース(GⅠとかいうやつ)に

限って買うもの。

今年の成績は2月に万馬券一本当たり、好調な滑り出し。

圧巻は4月。

1週目に2万馬券。2週目に28万馬券。3週目も2万馬券。一

週外れて、5週目に5万馬券。

4月だけで40万円も儲かりました。

その後はさっぱり当たらないけど今年の分はもう元が取れました。

競馬でなかなか当たらない人、是非一度お試しあれ。

 

 

運動不足

2007年07月08日

店主は木更津に引越してきてまだ半年。

その前は都内に住んでいたので移動手段は地下鉄や徒歩だった

のですが、引っ越してからというものの車で移動するのでほとん

ど外を歩くということをしません。

スーパーの買い物で売り場を回る時くらいかな。

今日お見えになったWさん夫妻はアピタの近くからなんこつ屋まで

30分かけて歩いてこられたとのこと。

さぞかしビールがおいしかったことでしょう。

店主も歩いて自宅まで帰ろうと考えたことはあるのですが、仕事を終

えるとそんな気力はどこにも残っておらず、愛車パジェロ・エボリュー

ションをかっ飛ばして自宅へ戻るのでした。

あ~何かいい運動不足解消法はないものですかな?

 

 

おいしさの秘密 - 店主のこだわり その①

2007年07月07日

なんこつ屋で使用している塩は沖縄県粟国島産の天然自然海水

塩です。

店主がこの塩と出会ったのは沖縄放浪生活(5年間も!)のさなか

でした。

「塩ってこんなに甘くておいしいものなんだ」

と、感動したのを今でも覚えています。

「将来、やきとり屋を開業したら絶対この塩を使おう」

と密かに考えていました。

沖縄の塩は全国的に有名ですが、なかでもこの「粟国の塩」だけは

別格です。

値段もほかの塩と比べて何倍もしますが、とにかく素材の味を引き

出す力が比べ物になりません。

なんこつ屋のお客様にも大変好評です。

しかし、あんまり「この塩うめえなあ」と塩ばかり褒められると

「やきとりの味はどうなのよ」

と突っ込みを入れたくなる時があります。

 

通な食べ方

2007年07月06日

よくお客様に

「通なやきとりの食べ方ってどんなの?」

と質問されます。

 

 

基本的には好きなものを好きなように食べるのがベストだと

店主は考えますが、こうやって食べた方がおいしいのにな

って思うこともしばしばあります。

そこで店主が考えるやきとりの食べ方をいくつかご紹介した

いと思います。

一、焼けたらすぐに食べるべし

      せっかく焼きたてをお出ししても長いことそのままにし

      ておくと冷めてしまうばかりか肉が硬くなってしまいます。

      温かいやきとりに勝るものはありません。

二、串から外すべからず

      よくやきとりを串から外して食べる方(女性に多い)が

      いらっしゃいますが、やきとりは串のまま食べるもの。

      外すと冷めてしまうばかりか肉汁が逃げてしまいます。

      店主も串の頭は塩を強く、下に行くにしたがって塩を弱

      くするといった、ひとつの串にストーリーを込めて焼いて

      います。

三、薬味をかけすぎるべからず

      やきとりの味を確認もせず七味や一味を大量にかけるお

     客様がいらっしゃいますが薬味はあくまで薬味。肉の旨み

     を味わってからアクセントで薬味を使うのがよろしいかと思

     います。ちなみになんこつ屋では、七味・一味・山椒をご用

     意していますが、タレの串に山椒をちょっとふりかけるとさっ

     ぱりするし消化も助けますよ。

 

以上、思うがままに書いてみましたが、「こんな食べ方もあるよ」とい

うご意見がありましたらどしどしコメントください。ではまた明日!

 

ありがたいことです・・・

2007年07月05日

開店直後、まだお客様がみえないのでちょっと外で 夕涼みしていたら近所のK夫妻が夕方のお散歩に 出かけられるところにお会いしました。 「こんにちは」 とお互い挨拶ののちに冗談で店主が 「のちほどお待ちしてま~す」 と言って別れたのですが2時間後にKさんのご主人 が 「さっきのちほどって言われちゃったから来たよ」 と来店くださいました。 「この店はキャッチやきとり屋だよなあ」 と冗談めかしておっしゃってくださったのですが、この Kさんのご主人はうちでも三本の指に入る常連さん。 何かと気を遣ってくださってヒマそうだからと寄ってく れたのでした。こんな温かいお客様達に恵まれている なんこつ屋は幸せ者です。

はじめまして

2007年07月03日

ようこそ、なんこつ屋のホームページへ!機械音痴の店主ですが精一杯がんばってブログを更新していきますので皆さん応援してください。またなんこつ屋に対する要望、ご意見などもどしどし投稿ください。 これから写真や裏メニューなどもこのページで紹介しますのでお見逃しなく。記念すべき第一回めのブログということで今日はおしまい。